【TEL】0120-21-5454 【営業時間】平日9:00〜18:00 土曜日10:00〜16:00(日曜・祝日 休業)

フロアコーティングの種類と選び方|プロおすすめのフロアコーティング

フロアコーティングを依頼したいけど、おすすめのコーティングはどれ・・・?
住宅を購入したからフロアコーティングをしたいけど、何を選べば良いかわからない・・・!

マイホームのご購入が決まり、フロアコーティングをご検討中の方も多くおられるかと思います。
実際にフロアコーティングを調べ始めたけど、身近なものでもないので、いまいちよく分からないという方も多いのではないでしょうか?
すでにフロアコーティングを施工した方からのおすすめなどがわかれば良いですが、そんな情報もあまりないので、悩みますよね!

UVフロアコーティングの施工


こんにちは!
クリーンエクスプレスWEB編集担当のKGです!

マイホームを購入して、いざフロアコーティングを検討したときに選ぶのって難しいですよね。
フロアコーティングにもさまざまな種類があり、さらに同じコーティングでも施工会社によって材料や施工方法が違うなど、探せばきりがありません。

人からおすすめのコーティンが何かを聞きたいけど、知っている人も少ないし、プロがおすすめしてくるものが本当のおすすめのものなのかも自分ではわからないと思います。

値段が高いから良いもので、安いから悪いというのも違います。もちろん安いに越したことはないんですが、品質を考えればある程度の価格は仕方ないものです。
フロアコーティングの業界的に品質だけで言えば、基本的に安かろう悪かろうの世界にはなりますが、これはあくまでも施工会社が皆正直に価格を出していることが前提となります。価格自体は施工会社のさじ加減でもあるので、一概に高いから良いコーティングとは言えないのが現状です。

選び方が難しいフロアコーティングですが、ポイントを押さえてしまえば失敗することはありませんので、是非参考にしていただければと思います!

それでは実際に見ていきましょう!

目次

この記事でご紹介したフロアコーティングの種類

UVフロアコーティング

UVフロアコートEco

最高級UVフロアコーティング

最高級・最高品質のフロアコーティングをご希望のお客様はUVフロアコートEcoをおすすめします。

フロアコーティングの中で最も高光沢であり、30年以上の耐久性、塩素系漂白剤にも溶けない耐薬品性、そしてスチールウールを使用した耐傷性テストにも合格している商品です。


ガラスフロアコーティング

クリスタルハードコートナノ

無機質液体ナノガラスフロアコーティング

マットな質感で硬度の高いフロアコーティングをお探しのお客様にぴったりの商品がクリスタルハードコートナノです。9H以上の硬度があるので、耐傷性試験に合格はもちろんのこと、ガラスコーティングの弱点でもある塩素系漂白剤にも完全対応しました。


水性フロアコーティング

フロアガードプロ

高品質水性フロアコーティング

マンションオプションで人気の水性フロアコーティングは低価格でフロアコーティングをしたいお客様におすすめです!1日施工で剥離も可能なので、施工後に違うコーティングに変更したいという場合も対応可能なフロアコーティングです。


塩ビUVフロアコーティング

CEコート

塩ビ用UVフロアコーティング

塩ビタイルなどフロアタイルや長尺シート専用のUV塗料を使用して、今まで施工できなかった塩ビにもUVフロアコーティングが可能となりました。リフォーム物件のフロアタイルや、クリニックなどの塩ビ床材に対応しております。


ストーンコート

フロアストーンコート

石材専用浸透性フロアコーティング

石材専用の浸透性フロアコーティングです。石材フローリングの風合いをそのまま活かした全く艶のないナチュラルな仕上がりにします。浸透性で塗膜はないのに、耐水効果があるので、水拭きも気兼ねなくすることが可能です。

知っておこう!フロアコーティングとワックスの違い

フロアコーティングとワックスとでは、耐久性や傷への強さ、薬品への強さに大きな違いがあります。
ワックスは基本的に継続的な施工によって美観維持することを目的としており、何度も塗り重ねることが前提となっています。耐久性が低く、住宅でも1ヶ月〜2ヶ月もすれば剥がれている場所や汚れている場所なども出てきます。ワックスでは耐薬品性としてアルカリ洗剤や漂白剤、アルコールなどへの耐性も低く、普段の掃除で洗剤を落としてしまっただけで剥がれるということも多々あります。さらに、傷にも弱く、簡単に傷がつきます。なぜそんなに弱いのかというと、何度も継続的に施工することが大前提にあるからです。逆にフロアコーティングは一度施工してしまえば、何年、何十年とリコート(再施工)の心配はありません。耐久性が高く、薬品や傷にも強いことがその理由です。以上のことから、ワックスよりもフロアコーティングを施工することをおすすめします。

フロアコーティング施工中

詳しくはフロアコーティングとワックスの違いについてをご覧ください。

フロアコーティングの選び方の基本

コーティングの『塗膜の強さ』で選ぶ

フロアコーティングの塗膜の強さは、フロアコーティングの種類によって異なります。傷に強いものもあれば、薬品に強いものもあり、さまざまです。塗膜の強さを表す表現としては、耐傷性(傷への強さ)、耐薬品性(薬品への強さ)、耐摩耗性(摩耗に対する強さ)、耐久性(耐久年数など)があります。

塗膜の強さ

耐傷性

耐傷性があるコーティングでは生活上必ずついてしまう細かい傷がつきにくく、この耐傷性が高いことが美観維持をする上で重要な役割があります。例えばスリッパを擦って歩き続けることで少しずつ傷がつきますが、耐傷性が高いコーティングであればそのような心配もありません。

耐薬品性

耐薬品性があれば、アルカリ洗剤や酸性洗剤、漂白剤やアルコールでも塗膜が溶けることはありません。塗膜が溶けないということは様々な洗剤やアルコールを使用した清掃ができるということであり、衛生的にも良い環境を作ることが可能です。

耐摩耗性

高い耐摩耗性があれば、塗膜がすり減らず、艶引きといったコーティングの光沢がなくなる現象も発生しにくくなります。また、耐摩耗性が高ければ、長期に渡り床材を保護することが可能です。

耐久性

耐久性は上記の耐性が強ければ強いほど、高くなります。長期保護を目的としたフロアコーティングではこの耐久性の高さがフロアコーティングの品質を図る一つの目安となります。

上記のように傷に強いコーティングもあれば、薬品に強いコーティングもあり、そのどちらも兼ね備えたもの存在します。従来品ではどちらかに秀でてるものが多く、どのフロアコーティングにしようか迷われるお客様が多い状態でした。しかし、当社では最新のフロアコーティングとして、傷にも薬品にも強いコーティング剤の取り扱いを行っております。

例えばですが、当社のUVフロアコートEcoはUVフロアコーティングの耐傷性をさらに向上させ、傷がつきにくいUVフロアコーティングとなっております。さらに、プレミアムガラスフロアコーティングは、ガラスコーティングの耐薬品性をさらに向上させたもので、塩素系漂白剤でも溶けることがないものになっています。

また、そこまでの耐傷性や耐薬品性は必要ないけど、消毒作業くらいはしたいというお客様のために、リーズナブルで導入しやすいガラスフロアコーティングなどもあります。

エクスくん
フロアコーティングにはいろんな強さがあるから、特徴によって選び方が変わるね!
クリンさん

そうなんです!
フロアコーティングは長期的な保護を目的としているから、様々な強さを持っていなければそれを実現することができないんですよ!
傷への強さや、薬品への強さでマイホームにとって何が一番必要なのかを考えてくださいね!

例えば、耐傷性と耐摩耗性が一番強いコーティングであれば、ガラスコーティングが最強なので傷の強さを求めている方にはおすすめです!
また、オールラウンダーで傷にも強く、薬品にもめっぽう強いコーティングであれば、UVコーティングを選べば間違いないので、ペットを飼われている方や、掃除もしっかりしたいし、滑らないようにもしたいという方におすすめですね!

コーティングの仕上がり『見栄え』で選ぶ

フロアコーティングの仕上がりは、そのコーティング剤の塗膜の厚みや、含有物によって光沢が変わります。フローリングなどの雰囲気をガラッと変えて高級感を持たせる高光沢はいつの時代も一番人気の仕上がりですが、最近では微光沢や艶消しなども流行りつつあります。耐久性などにそこまでこだわりがなければ、お客様の好みや、マイホーム、フローリングの雰囲気に合わせて選ぶことも可能です!

高光沢

対象フロアコーティング(UVコーティングやシリコンコーティングなど)

非常に高い光沢で、ツヤツヤ、ピカピカという印象になります。まるで鏡のような艶感は高級家具のような仕上がりになります。実際にこの高光沢を出すUV フロアコーティングは高級家具やピアノなどにも利用されている高級塗装です。

UVフロアコーティング

微光沢

対象フロアコーティング(ガラスコーティングなど)

ナチュラルな光沢で元のフローリングとの差がほとんどありません。微光沢のフロアコーティングを施工することで、見た目はほとんど変わらないのに、耐傷性や耐薬品性のある床材になります。光沢があまり好きではないお客様に選ばれています。

ガラスコーティング

艶消し

対象フロアコーティング(艶消しウレタンコーティングなど)

全く艶がない艶消し状態にします。元のフローリングよりも艶がなくなりますので、自然な木の風合いが良いというお客様に選ばれます。

水性コーティング

浸透性による艶なし

上記は全て塗膜性のコーティングで、床材に塗膜を作ることで光沢を出したり、光沢を消したりします。それとは違い、浸透性コーティングは塗膜を形成しないため、素材そのものの風合いは全く変わりません。この浸透性コーティングは無垢フローリングや石材フロアにのみ施工が可能です。

艶なしのフロアコーティング

見た目がとても綺麗な高光沢のUVフロアコーティングは海外でも人気があります。フローリングがまるで高級家具のような仕上がりになるのが、人気の秘訣なのかもしれませんね!また、無垢フローリングのように本物の木材を使用したフローリングの場合は、見た目をそこまで変えたくないというお客様が多いことから、艶消しのフロアコーティングや浸透性のフロアコーティングを施工される方もおられます。見栄えに関してはお客様の好みによって選ぶものなので、コーティングの性能と比較して折り合いのつくものを施工することをオススメします!

エクスくん
フロアコーティングには塗膜性と浸透性があって、ピアノにも使われている高光沢の塗膜ってすごく綺麗そうだね!
クリンさん

そうですね!
UVコーティングは高光沢の高級感ある塗膜が非常に人気です!フローリングにコーティングをしたっていうのが一目瞭然なのも良いですよね!

微光沢や艶消しなどフロアコーティングには様々あるので、選ぶときは自分の好みとマイホームの雰囲気に合うものを選ぶのが良いと思いますよ!

エクスくん
どの仕上げも魅力的だけど、僕はやっぱり変化が欲しいから高光沢のUVコーティングがいいかな!
クリンさん

UVコーティングいいですよね!耐久だけで言えばUVコーティングに勝るものはありませんが、フローリングの風合いをあまり変えたくないのであれば、ガラスコーティングもおすすめですよ!

コストパフォーマンス重視の『価格』で選ぶ

先ほどもお伝えしたように、フロアコーティングはワックスよりも耐久性などが高く、その分価格は高いものとなっております。理由としてはワックスとは塗っているものは全く違うものだからです。いわゆるUV塗料やガラス塗料といった塗料を使用するため、材料費が高くなります。さらに施工方法が違い、ただワックスを塗るだけと、下地処理やプライマーなど工程が増えることが価格が高くなる理由となります。

料金例を紹介

一戸建てへのUVコーティング

UVコーティング

約300,000円前後

空室一戸建ての場合

UVコーティングは一番高額なフロアコーティングですが、30年以上の耐久で考えれば、年間約10,000円程のコストで施工が可能です。

ガラスフロアコーティング

ガラスコーティング

約250,000円前後

空室一戸建ての場合

ガラスコーティングは20年以上の耐久で販売されていることが多く、価格と耐久性で見ると、年間約12,500円程のコストで施工が可能です。

ガラスフロアコーティング

水性コーティング

約150,000円前後

空室一戸建ての場合

水性コーティングは耐久性がその他のフロアコーティングに比べ10年程と短いため、年間約15,000円程のコストで施工が可能です。


上記の料金表を見ればわかるように、イニシャルコストが一番高いUVコーティングは最終的にコストパフォーマンスが高く、逆にイニシャルコストの低い水性コーティングの方がコストパフォーマンスが悪いことがわかりました。これはワックスを業者に依頼して施工する場合も同様で、1年耐久のワックスに5万円かけることで、年間コストは5万円です。10年で引っ越すなどお考えであれば、イニシャルコストの安いフロアコーティングもオススメできますので、お客様の今後の計画に沿って施工するのが良いでしょう。

エクスくん
最終的なコストパフォーマンスが良いUVコーティングが断然お得ってことは分かったけど、そこまでイニシャルコストもかけたくないから間をとってガラスコーティングを選ぶ人もいそうだね!
クリンさん

そうですね!
でも数万円の違いであれば、本当に施工したいフロアコーティングを施工することをオススメします!
逆を言えば、イニシャルコストをかけたくないのであれば、水性コーティングがオススメになります!
フロアコーティングは一度施工してしまうと、違うコーティングにやり直すことができないので、選ぶ際は妥協はしないようにしてくださいね!

4.生活する上での『安全性』で選ぶ

材料が安全性の高いものであるということは当然で、全てのフロアコーティングにホルムアルデヒドを発散する建材の発散量の等級であるF☆☆☆☆がついています。それ以外での安全性として、施工後の滑り止め効果や除菌作業ができるものなどによって安全性に違いが出ます。では実際にどのようなフロアコーティングであれば、生活する上で安全性が高いのでしょうか。

安全評価
5

UVコーティング

滑り止め効果が非常に高く、その防滑性はシリコンコーティングにも引けを取らないと考えられています。さらに、シリコンコーティングにはない非常に強い耐薬品性をもつのであらゆる除菌作業に対応します。

安全評価
4.5

ガラスコーティング

滑り止め効果はUVコーティングほどありませんが、無塗装よりも確実にグリップ性能が高くなりますので、一般的な生活をする上では問題はありません。また、こちらも強い耐薬品性をもつので除菌用アルコールや次亜塩素酸水などを使用した除菌も可能です。

安全評価
4.5

シリコンコーティング

滑り止め効果は抜群にあるフロアコーティングです。耐薬品性が劣るため、塩素系漂白剤の使用がNGとなります。当社では品質上シリコンコーティングの取り扱いを中止しましたが、安全面ではガラスコーティングに引けを取りません。

安全評価
4

水性コーティング

水性コーティングもグリップ性能が高くなりますので、安心して生活をすることが可能です。しかし、水性コーティングは耐薬品性がUVコーティングやガラスコーティングに比べ低いため、アルコール除菌は場合によっては溶けてしまう可能性もあるので、気をつけて行う必要があります。

上記のことから、フロアコーティングは全般的に安全性の高いものということがわかりました。しかし、その中でも滑り止め効果や薬品への強さによって、除菌作業が可能なUVフロアコーティングは一番安全性が高いと言えるでしょう。

フロアコーティングを正しく選ぶためのポイント

フロアコーティングを正しく選ぶためのポイント
フロアコーティングを正しく選ぶためのポイント3つ

1.各種フロアコーティングの特徴を理解する

2.自分のライフスタイルに照らし合わせる

3.コーティングサンプルを取り寄せてテストを行う

クリンさん

各種フロアコーティングの特徴を理解する

フロアコーティングの特徴は各種様々です。傷への強さを一番の特徴とするガラスコーティングや、耐薬品性と防滑性の強さを特徴とするUVフロアコーティングなど、得意分野が異なりますので、その特徴を理解する必要があります。フロアコーティングの特徴を理解しないまま施工をしてしまい、思っていたものとは違っていたということにならないようにすることが重要です。前述した内容をもとにまとめた一覧表を確認しながら、フロアコーティングの特徴を理解しましょう。

製品特徴
UVコーティングフロアコーティング一の耐久性を誇るUVコーティングは耐薬品性と耐傷性に優れた長期保証型のフロアコーティングです。
一般的な耐久性は20年〜30年以上とされ、基本的にはフローリングの寿命まで守り切るという考えのコーティングになります。
塩素系漂白剤にも溶けない塗膜はグリップ性にも優れ転倒防止や、ペットの関節症予防にもなります。
価格はイニシャルコストが一番高いコーティングの部類ですが、耐久性が長いことから最終的なコストパフォーマンスに優れます。
仕上がりは高光沢でまるでピアノや高級家具のような艶があります。

耐久性 :約20年〜30年以上
仕上がり:高光沢
耐傷性 :★★★★☆
耐摩耗性:★★★★☆
耐薬品性:★★★★★
防滑性 :★★★★★
ガラスコーティング様々な種類があるガラスコーティングは種類によってはフロアコーティング一の耐傷性を誇るものもあります。
傷がつきにくいのが一番の特徴で、一般的な耐久性は20年〜30年となり、施工会社によっては長期保証をつけています。
UVフロアコーティング同様にフローリングの寿命まで守り切る品質を持つものも存在します。
価格はイニシャルコストが高めですが、耐久性の長さから最終的なコストパフォーマンスにも優れます。
仕上がりは微光沢で落ち着いた雰囲気です。

耐久性 :約20年〜30年程
仕上がり:微光沢
耐傷性 :★★★★★
耐摩耗性:★★★★★
耐薬品性:★★★★☆
防滑性 :★★★☆☆
シリコンコーティング耐傷性や耐薬品性はUVコーティングなどに劣りますが、その分価格が安いのが一番の特徴です。
耐久性は10年ほどと短く、リコートが難しいという難点があります。
しかし、イニシャルコストが圧倒的に安いのが魅力ですので、短期的な美観維持には向いています。
10年の耐久があるので、5年後には売却を考えているなどであれば、施工する価値もあるでしょう。
しかしながら、品質の問題で当社では取り扱いは行っておりません。

耐久性 :約10年程
仕上がり:高光沢
耐傷性 :★★★☆☆
耐摩耗性:★★★☆☆
耐薬品性:★★★☆☆
防滑性 :★★★★★
水性コーティング全体的に上位のフロアコーティングに比べると劣りますが、水性フロアコーティングのみの特徴として剥離が可能です。
イニシャルコストも安く、それなりに耐久性もあるので、そこまで品質の高いものを望んでいないお客様には人気の商品です。
また、マンションオプション会でも取り扱いの多い、安全性の高いコーティングとされています。
安価な上に気に入らなければ剥がすことができるので、お客様にとっては非常に導入しやすい商品となっています。

耐久性 :約10年程
仕上がり:高光沢
耐傷性 :★★★☆☆
耐摩耗性:★★★☆☆
耐薬品性:★★★☆☆
防滑性 :★★★☆☆
エクスくん

どのフロアコーティングがどのような特徴なのかが、わかりやすいね!

クリンさん

自分が求めるフロアコーティングはどのような特徴のものなのかはっきりすることで、フロアコーティング選びに迷うことがなくなります!
慣れしたんしだものではないからこそ、事前にその特徴について知っておくことが重要ですね!

自分のライフスタイルに照らし合わせる

フロアコーティングはマイホームなどの建物設備である床材に施工するものです。マイホームに施工をするのであれば、自分のライフスタイルに合わせて施工しなければ意味がありません!ご自身のライフスタイルの中で予想できるリスクを分析して、それにあったフロアコーティングを選ぶことが重要です。ではどのような場合に、どのようなフロアコーティングが合うのでしょうか?例を見ていきましょう。

4人家族の小さなお子様2人の場合

予想できることは、お子様による落書きやおもちゃを叩きつけたり、引きずったりした際にフローリングに傷がついてしまうといった問題です。落書きを消すためにはアルコールや除光液を使用して問題がなく、お手入れもしやすい、そして傷に強いフロアコーティングが必要となります。以上のことから、一番良いのは高品質なガラスコーティングが一番相性が良いでしょう。CleanExpressの商品であればクリスタルハードコートナノがオススメです!

ご夫婦2人の場合

予想できることは、転倒や、清掃時の手間、料理中に油をこぼしたりなど、大人でも気をつけなければならない点です。
生活の中で汚れがひどくなることが考えられる場合、耐薬品性が強いものが良いでしょう。例えば、UVコーティングやガラスコーティングであれば、ワインをこぼしたりしても洗剤やアルコールを使用した清掃も可能ですので、安心です。また、ご自身が足腰に不安がある場合などは、防滑性のあるUVコーティングがオススメです。

ペットがいる場合

予想できることは、ペットの粗相や爪傷、フローリングによる滑りでペットが関節症になるリスクです。
この場合は、ペットの粗相に対応する耐薬品性、ペットの爪傷に対応する耐傷性、ペットの関節症予防になる防滑性の全てが必要になります。
以上のことから、適しているのはUVコーティングになるでしょう。
CleanExpressの商品であれば、UVフロアコートEcoがオススメです!

今回は大人だけなのか、子供がいる場合はどうなのか、ペットがいる場合はどうなのかという点で事例をご紹介しました。その他にもこんなライフスタイルだけど、合うものはなんだろうとお考えの方は、フロアコーティングの特徴をご確認いただき、ライフスタイルと照らし合わせてみてくださいね!

コーティングサンプルを取り寄せてテストする

フロアコーティングの品質を調べたい時はコーティングサンプルをお取り寄せするのが一番簡単です!ほとんどのフロアコーティング会社ではフローリングにコーティングを塗ったコーティングサンプルを無料でご提供しております。各社のサンプルをお取り寄せして、気になる見栄えや耐傷性、耐薬品性などをお調べください!

例えば当社のUVフロアコートEcoやクリスタルハードコートナノであれば、付属のスチールウールで擦っていただいても傷がつかず、コーティングの強さがわかります。その他にも塩素系漂白剤を垂らして放置し、拭き取った後にコーティングが溶けていないかの確認で耐薬品性を調べることも可能ですので、ご自身の目でご確認ください。

実はこの作業が一番重要なポイントになります。

UVコーティングの擦り傷テスト不合格
UVコーティングの擦り傷テスト合格品
エクスくん

いろんな会社のサンプルを取り寄せてみたけど、同じ条件と方法でテストを行って強いものを選ぶだけだから簡単だね!

クリンさん

サンプルはその会社の本気がわかる重要な資料なので、絶対に取り寄せてくださいね!テストを行えば、どこが良いかは一目瞭然です!フロアコーティングは決して安い買い物ではないので、選ぶときは慎重に選びましょう!

プロがオススメするフロアコーティング

タイトルにもあるプロがオススメするフロアコーティングですが、実はこれを聞かれても『これです!』とすぐに答えれるものはありません。なぜなら、お客様によってオススメできるフロアコーティングは違うからです。しかし、価格は気にせず、品質の高いものは何?と聞かれれば、UVコーティングやガラスコーティングですとお答えすることが可能です。

さいごに

フロアコーティングも様々な種類があり、お客様の状況や好みによってオススメは変わります。一番良いのはお客様自身がフロアコーティングにはどのようなものがあり、自分にあったものは何かということを見つけれる環境を作ることが我々フロアコーティング会社には必要なのではないかと考えます。

ショールームやコーティングサンプルなどの資料から、本当にご自身にあったものを探していただき、失敗しないフロアコーティング選びをして頂きたいと思います。

もちろん、お問い合わせをいただければお客様にあったフロアコーティングを誠心誠意お選びしますので、お気軽にお問い合わせくださいませ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる