【TEL】0120-21-5454 【営業時間】平日9:00〜18:00 土曜日10:00〜16:00(日曜・祝日 休業)

フロアコーティングとワックスの違い

フロアコーティングの種類や選び方が知りたい方はこちら

フロアコーティングには様々な種類があって選ぶのが難しいとお考えの方も多いかと思いますので、こちらの記事をご参考いただければと思います。『フロアコーティングの種類と選び方について

フロアコーティングと聞くとワックスを想像される方も多いかと思いますが、ワックスとフロアコーティングは似て非なるものです。ではワックスとフロアコーティングではどのような違いがあるのでしょうか?

ワックスの目的や特徴

ワックスはイニシャルコストが安く導入のしやすいもので、床材の美観維持に使われます。短期的に再施工することで常に綺麗な状態を保つことを目的にします。

ワックス施工の目的

ワックスを施工する目的は美観維持のためです。美観維持をするための施工の周期は1ヶ月〜2ヶ月周期が一般的で1ヶ月〜2ヶ月ごとの再施行が推奨されます。これはワックスの耐久性が低いことから自然剥離や、洗剤、水分などによって劣化をするためです。実際に施工直後の綺麗な状態を保てるのは2週間ほどとも言われています。

ワックスの特徴や効果

ワックスは多少の水分であれば、弾いてしまうので、すぐにダメになるということはありません。しかし、水分の放置によって徐々に溶けてしまいますので、放置は危険です。また、食器洗い用の洗剤などでも簡単に溶けてしまうので、住宅内でワックスを施工するとキッチン周りや、洗面脱衣室などワックスの剥がれがひどい場所をよく目にします。また、耐傷性などはなく、簡単に細かな傷がついてしまうので、傷への強さは期待できません。あくまでも何度も再施工をすることで美観維持をすることを目的としていますので、塗っては剥がして、塗っては剥がしてを繰り返すものとなります。お客様ご自身で施工される場合は材料費のみですが、綺麗に施工することは難しく、業者に依頼してもそれなりの費用がかかりますので、常に綺麗にしておきたいというお客様にとっては経済的とは言えません。

フロアコーティングの目的と特徴

フロアコーティングは床の美観維持はもちろん、耐久性が高く簡単には剥がれません。また、傷や薬品にも強く、一度施工することで長期にわたって床材を保護します。

フロアコーティングの施工の目的

フロアコーティング施工の目的は様々存在します。まずは美観維持。ワックス同様に美観維持をすることもその目的の一つであり、光沢の強いものはワックスでは絶対に出すことはできないので、一目でフロアコーティングだとわかります。また、衛生面でもアルコール消毒や次亜塩素酸水消毒など様々な薬品に対応するものが多く、衛生的に保つことが可能です。その他、汚れがつきにくくなり、ついた汚れも簡単に落とせることから、日々のお手入れを簡単にしたいというお客様もご利用されます。

フロアコーティングの特徴と効果

フロアコーティングの特徴と効果は目的にも書きましたが、お手入れが簡単になること、衛生的に保つことができること、傷がつきにくくなること、滑りにくくなることなど様々あります。フロアコーティングの種類によってもの、一番傷に強いガラスフロアコーティングや、一番薬品に強いUVフロアコーティングなど分かれます。見た目も高光沢のものから、微光沢のものまで様々ありますので、お客様のお好みに合わせて選ぶことが可能です。