浸透性石材コーティング|ストーンコート

天然大理石は非常に汚れがつきやすく、水ジミなども簡単についてしまい取れなくなってしまうなんてことも。天然石よりも汚れに強いとされる人工大理石でも一度汚れが吸着してしまったら汚れを取るのは難しいでしょう。そうなる前に施工しておくことで、石材への汚れの付着を防ぐコーティング剤をご紹介いたします。

ハウスコーティング

浸透性石材コーティングのストーンコート

ストーンコートは様々な石材を汚れから守ることを目的として開発された石材専用のコーティングです。
石材コーティングは塗膜製と浸透性のもがありますが、当社では石材の美観を変えることなく耐水性や防汚性を付与することができる浸透性コーティング剤を推奨し、施工を行っております。石材本来の風合いはそのまま、汚れや水分の侵入を防ぐことが可能。自然な仕上がりなので、石材の種類も問わず施工することができる万能なコーティングです。

ストーンコートの特徴

素材の風合いはそのまま

クリーンエクスプレスのストーンコートは浸透性のため、塗膜を形成しません。塗膜がないので見た目は施工前と変わらず石材本来の姿のままです。コーティング剤は石材内部に浸透し、毛細管に化学結合して耐久性のある吸水防止層を形成します。この吸水防止層は、塗膜ではないため水は通しませんが、気体は通す優れものです。石材の風合いはそのままに吸水を防止するので美観維持には最適な保護剤です。

高耐久性

塗膜を作らないストーンコートはコーティングが摩耗することはありません。素材内部で化学結合するので紫外線による劣化も受けにくく長期間に渡って石材を保護します。

エフロ防止効果

タイル目地・石材・レンガなどから発生するエフロをストーンコートを塗布することで防止・抑圧します。クラックが原因によるエフロは防止できませんが美観を維持するには最適な保護剤です。
(既に出ているエフロは完全に止めることはできません。)

空気を通す

ストーンコートは石材の呼吸を止めないので、塗布しても通気性は確保されます。

施工できる石材の種類

ストーンコートが可能な石材

御影石・天然大理石・人工大理石・テラゾー・磁器タイル・レンガ・セメント目地等

天然石はもちろんのこと、人工石やセメントの目地などにも施工が可能です。セラミックタイルなどの汚れにくいタイルを貼っていても目地はセメントが使われているので、目地の保護にもストーンコートは有効です。
キッチンや浴室などに石材を使われている場合は、石材の劣化が著しく速いため、ストーンコートの施工をおすすめいたします。

ストーンコートの工期

ストーンコートは比較的工期の短いコーティングです。基本的には1日で施工が可能で、狭い範囲であれば2時間ほどで完了します。施工の際は簡易清掃を行ってからコーティングの塗布をいたしますが中古物件などで汚れがひどい場合などは事前に清掃をお願いしております。

施工後のメンテナンス

施工後は水拭きのメンテナンスで問題ありません。汚れが頑固な場合などは中性洗剤を薄めてタオルや柔らかいスポンジを使用して汚れを取り除いていただけます。普段のメンテナンスが非常に簡単で楽になります。