【TEL】0120-21-5454 【営業時間】平日9:00〜18:00 土曜日10:00〜16:00(日曜・祝日 休業)

UVフロアコートEco|UVコーティング

フロアコーティングの種類や選び方が知りたい方はこちら

フロアコーティングには様々な種類があって選ぶのが難しいとお考えの方も多いかと思いますので、こちらの記事をご参考いただければと思います。『フロアコーティングの種類と選び方について

UVフロアコートEcoについてご案内致します。

UVコーティングはUV(紫外線)照射の光によって塗膜を硬化させるフロアコーティングです。従来のフロアコーティングのように乾燥時間がなく、短期施工が可能となりました。また、フロアコーティング一の高光沢、耐薬品性とガラスコーティングのような硬度をもつ超高耐久のUVフロアコートEcoはUVコーティングの中でも品質が非常に高いものとなっています。

UVコーティング
商品名UVフロアコートEco
耐久年数40年以上(30年保証)
仕上がり高光沢
耐薬品性★★★★★
耐傷性★★★★
耐摩耗性★★★★★
防滑性★★★★★
UVコーティング

最高級のフロアコーティングでクリーンで上質な生活環境を実現

フローリング専用なのでフローリングに合った強固な塗膜を実現

UVフロアコートEcoはフローリング専用のUV塗料なので、従来のUV塗料よりも硬度をあげることに成功しました。フローリングの硬さに合わせたコーティング剤ですので、安心して施工いただくことが可能です。

自走式UV照射機

30年以上の耐久性を持つUVコーティング

当社のUVフロアコートEcoは耐久年数が30年以上の長期耐久型フロアコーティングです。この塗膜の強さはUV塗料と光重合開始剤、また大量のUV照射によって生まれます。当社のUV塗料は従来品とは違う超高品質となっております。

マンションへのUVコーティング

当社が誇るUVフロアコートEco最大の特徴

業界唯一最強の耐傷性

UVフロアコートEcoは業界唯一のスチールウール(番手#1)を使用した耐傷性テストに見事合格しました。従来品のUVコーティングでは強く擦れば容易に傷がついてしまいますが、UVフロアコートEcoであればその心配がありません。

これは当社が誇るUVフロアコートEcoの一番の特徴であり、お客様により良い住環境を作っていただくための研究の成果です。

これだけの耐傷性があれば、ちょっとやそっとでは細かな傷もつきにくくなり、生活傷にも耐えてくれるので長期に渡ってフローリングの美観維持をしてくれます。

傷にも強く、薬品にも強いフロアコーティングをしなければ、意味がないと言うお客様にはうってつけの商品となりますので、是非ご検討ください。

無料サンプルにスチールウールをつけてお送りしておりますので、施工前に是非ご確認ください。

UVコーティングの擦り傷テスト不合格
従来品のUVコーティング
UVコーティングの擦り傷テスト合格品
当社のUVフロアコートEco

CleanExpressの妥協のないUVコーティング

熟練スタッフによる施工

当社のUVコーティング施工スタッフは熟練施工者ばかりです。10年以上の施工実績をもつスタッフが必ず施工にお伺いしますので、安心して施工をお任せ頂けます。また、施工現場にアルバイトは同行しませんので、ご安心ください。

UVコーティング施工中

最高級の高品質材料を使用

UVフロアコートEcoを施工するのに必要な塗料は従来品の安価な塗料ではなく、最高級品です。その分価格は他のフロアコーティングに比べて高くなりますが、その品質の違いを見ていただお客様にはご納得をいただいております。

一戸建てへのUVコーティング

自走式UV照射機による安定施工

UV照射に欠かせないのは均一なUV(紫外線)照射です。最新の自走式UV照射機を使用することで照射不足による硬化ムラを防ぎます。当社では10年以上の熟練の技術があってもハンディ照射のみの施工は推奨しておりません。

自走式UV照射機

UVコーティングのメリットとデメリット

UVコーティングにはたくさんのメリットがありますが、施工を希望するお客様にはそのデメリットも知って頂く必要があります。
当社では包み隠さず、そのデメリットについてもご紹介致します。

メリット

フロアコーティングの中でも最高級のUVコーティングは高光沢、高耐久、高耐薬品性、高耐摩耗性、高耐傷性とフロアコーティングの中でも最強と言われる強さを持っています。さらに1日施工が可能で、物件のお引き渡しからお引越しまで短いスパンで考えられているお客様でも施工が可能です。また、すでに居住中のお客様であっても、瞬時に硬化をさせることができるUVコーティングであれば、施工することができます。

デメリット

UVコーティングのデメリットとして一番に上がるのは施工価格が高額になると言うことです。どうしても材料の高さによって値段が高くなりがちです。また、溶剤系の塗料を使用しますので、施工時には臭気が発生します。(硬化後は換気によって少しずつ臭気が抜けていきます)一度塗ったUV塗料は剥がすことができません。塗膜の厚さはフロアコーティング一の厚みですので、強い分フローリングの風合いは残りにくいです。フローリングの硬さは変えることができないので、硬いものの落下や針などを引きずると傷はつきます。